Google+ 2013年05月31日 - hiroのノンビリ日記

Canon EOS Kiss X3

デジタル一眼レフを初めて購入したのは2009年の秋くらいだったろうか。
購入理由はズバリ「デジタル一眼レフ」を所有したくなったからだ。

メーカーや機種にこだわりはなく、どこのメーカーでも良いから入門機を買えば良いかな?程度の気持ちだった。
電気屋さんに行くと色々なメーカーの色々なカメラが並んでいたが、どれが良いのかさっぱり分からない(-_-;)
電気屋さんはCanonの Kiss X3というのをプッシュしている事が展示の仕方で分かった。
何となくコレで良いかな?とおもったが、1つ前のモデルであるKiss X2も販売されていた。
性能を比べると、大きな違いは背面液晶と動画撮影機能の2つ。

俺:安いし動画もいらんから安い方にしようかな~。
嫁:せっかく買うんやったら新しいのを買えば?

嫁さんのありがたいお言葉のおかげでKiss X3のダブルズームキットを購入することが出来た(#^.^#)



さっそく、家に帰ってから子供をモデルに撮影しまくったが、イメージしていた「一眼レフカメラ」で撮影した写真が撮れない!もっと背景がボケて立体感のある写真が撮れると思っていたのに。腕が悪すぎるからかな~と思いながらも使っていたが、いろいろと調べるうちに段々と分かってきた。
・F値が小さいレンズの方がボケる
・単焦点レンズが画質に優れる

またもやネットで調べると、「EF50mm F1.8 II」が値段も1万円以下と安く、写りも良いとのこと。
1万円以下と言っても、自分の趣味のために1万円をポンと使えるほど我が家は裕福ではない(-_-;)
会社でそんなことを話していると「僕、それ持ってますよ」と普段あまり話す機会のないF君が言うではありませんか!
「よかったら使ってみますか?」と神のようなお言葉。ありがたや~(*´∀`*)

さっそく、借りた、「EF50mm F1.8 II」で撮影してみると「おお、これこそ求めていた写真!」
背景がボケて、被写体だけにピントが合っている立体感のある写真が撮れる!
「いいよ~、いいね~」と怪しいカメラマンになりきって写真を撮りまくっていたが、ひとつ気になることが。
花をアップで撮ろうとした時にピントが合わない。というか一定の距離よりも近づこうととすると途端にピンとが合わなくなる。
どうやらレンズには「最短撮影距離」というものがあって、「EF50mm F1.8 II」は0.45m。
つまり45cmより被写体に近づいての撮影はできないみたい。
惜しいぞ「EF50mm F1.8 II」!もっと近づいての撮影ができたら購入していたのに!

「EF50mm F1.8 II」を借りて撮影して気づいたのが、「花のアップ写真。それも雄しべと雌しべがハッキリと映る写真」が撮りたいということ。その欲求を満たすレンズが「マクロレンズ」。

ネットで調べるとキャノンのマクロレンズは数種類用意されているみたい。
EF50mm F2.5コンパクトマクロ
EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
EF100mm F2.8 マクロ USM

上記3つが良さそうかな~と。しかし、良い値段するんですね~。
EF100mm F2.8Lマクロ IS USMなんか、X3の購入金額より高いじゃん(T_T)
いわゆる「Lレンズ」ってやつで、高性能なレンズが使用されていて、外観的にはレンズに赤いラインが入ってる。
まるで「赤い彗星のシャア専用」みたいなレンズですな。
こちとら新兵なので、LレンズであるEF100mm F2.8Lマクロ IS USMは見送ることにしよう(´;ω;`)

EF100mm F2.8 マクロ USMはLレンズを使用していない+少し古いモデル。
なんかレンズ自体が大きそうで敷居が高そうなので却下(気分的な問題です)

EF50mm F2.5コンパクトマクロが良いかな~と思っていたが、マクロレンズを色々と調べるうちに
レンズにはメーカー純正と純正以外のメーカーがあることを知った。有名なのがSIGMAとTAMRON。
そして、当時新発売されていたのがSP AF60mm F/2 Di II LD [IF] MACRO 1:1。
当時購入していた「日本カメラ」という雑誌に紹介記事が記載されていた事もあり、俄然興味が湧いてきた。

会社の写真撮影が趣味のU氏(PENTAX党)に意見を聞くと「作例を見るとけっこう良さそうやねェ。PENTAX用が発売されてないのが残念」とのこと。
ネットでの販売価格は4万円か...。冬のボーナスまで待って、購入しました!

いや~、やっぱりマクロレンズは良いですね!F2なんで絞り開放で撮影するととろけるような写真が撮れて良い!
被写体に寄りまくれるのが良い!インナーフォーカスなのでレンズが伸びないのが良い!
子供を撮影したら、空気感というか何というか、とにかく良い!買って良かった(*´∀`*)

長々とかきましたが、Kiss X3では純正のダブルズームキットの2本+TAMRONの60mmマクロで写真生活をエンジョイしとります!
デジタル一眼レフカメラを購入しても、「あれ?期待していたような写真が撮れないなぁ」と思っているあなた!
「SP AF60mm F/2 Di II LD [IF] MACRO 1:1」をオススメしますよ!









TAMRON 単焦点マクロレンズ SP AF60mm F2 DiII MACRO 1:1 キヤノン用 APS-C専用 G005E

新品価格
¥33,980から


Canon デジタル一眼レフカメラ Kiss X3 ダブルズームキット KISSX3-WKIT

中古価格
¥38,900から


B6君

実はアウトドアが少し好きなんです。

キャンプは1年に数回程度行くんですが、その時に使用するコンロで困ることが少なからずありました。
特にバイクでキャンプする際には大きなバーベキューコンロは持っていけません。
なので、ガスバーナーを持って行くのですが、風が強い日は火が消えてしまうので使いづらく、
冬には気化熱の問題でガスが出にくくなり、超弱火でしか使えなかったりと不便なところがあります。

じゃあ、ガソリンストーブを使えば良いのでは?と思うかもしれませんが、冬には焚き火を眺めたい!という
願望があるので、何とか炭火が使用できるコンパクトなコンロは無いかな~と探していたら良いのを見つけました!

笑`sさんの「B6君」というコンパクト炭火グリルです。ネット上での評判も良いようなのでポチっとな(#^.^#)

こんな感じで梱包されていました。
IMG_1763.jpg


中には手書きのメモが入っていました。真心が伝わってくるようで良いですね!
IMG_1762.jpg

おお、ピッカピカ!パンチングメッシュ加工でメーカーロゴがカッコイイ!!
IMG_1764.jpg

組立は特に迷うことなく出来ました。やっぱりカッコイイぞ!オプションのグリルプレートも購入しました。
IMG_1766.jpg

早速、庭で炭火を着火させて、いい感じになってきたら台所の換気扇の下へGo!
住宅街に住んでいるんで、焼き鳥とかの煙が多く出る料理は台所でするようにしています。
火事には気を付けないと(-_-;)
IMG_1787.jpg

炭がいい感じになってきたぞ!
IMG_2134.jpg

あとは焼き鳥を焼くのみ!同時に焼けるのは5本くらいですが、ソロで使う分には十分だと思います。
IMG_2178.jpg

なかなか楽しいオモチャを購入できて大満足です( ^∀^)
炭火を熾す⇒炭火が落ち着くまで炎を眺める⇒焼き鳥を焼く⇒焼き鳥を食べる!
以上の工程だけで、ビールが3本くらい空いちゃいますね(^。^)

1つだけ残念なのは自宅でしか使用したことがなく、キャンプでは使ったことがないことぐらいかな(-_-;)
キャンプ行きたい!一番下の子供が3歳くらいになったら行けるようになるんかな?
ま、それまでは自宅焼き鳥で楽しんでみることにします!

【 笑's 】コンパクト焚き火グリル『 B-6君 』

価格:4,935円
(2013/6/13 08:17時点)
感想(32件)


麦ご飯

炊飯器での麦ご飯生活は家族の反対にあって諦めることにしました。
しかし、健康の為には麦ご飯を摂取しなければ!

まあ、取り敢えず、押麦を鍋で茹でれば食べれるんじゃね?ということで
単純に麦を鍋で茹でてみることにしました。

まずは、お鍋に水を張って押麦を入れます。分量は超適当で良いでしょ(~_~;)
で、グツグツと茹でること10分で食べれるくらいの固さになりました。


ザルでお湯切りをします。


今回は押麦のみで食べます。モグモグと......味がない゚(゚´Д`゚)゚
仕方がないので、市販の粉末スープの素で雑炊風にすると、結構美味しくいただけました(#^.^#)


トマトスープとか、中華スープに入れてみても良いかもしれないですね。
1日1食は押麦を摂取しよと思っているので、ご飯とのコラボに飽きたら、こういう食べ方も有りかな?

はくばく 押麦 800g

新品価格
¥310から
(2013/6/5 21:11時点)


プロフィール

hiro

Author:hiro
中年オヤジの何でもない日常を綴るブログです。

カウンター
カテゴリ
最新コメント
欲しい物
最新記事
ブロとも一覧

小林可夢偉を応援するBLOG

小川商店

エブリィとCRF250Lとバカ

ぴくたん!!~バイクと冒険と1000の写真~
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる