Google+ 不思議の国のアリス症候群 - hiroのノンビリ日記

不思議の国のアリス症候群

風邪が完治しかけの朝。目が覚めて、うつらうつらとしていると不思議な、あの感覚が久し振りにやって来た。大きい物が小さくて小さいものが大きく見える。近いものが遠くて、遠くのものが近い。細い糸が大きくなったのか、俺が小さくなったのか分からないけど、その糸に圧迫される感じ。

文章だけ見ると我ながら「頭オカシイ人の感覚」やなと思いますけど、これは「不思議の国のアリス症候群」という症状らしいです。以下wikiより抜粋。

不思議の国のアリス症候群(ふしぎのくにのアリスしょうこうぐん、Alice in Wonderland syndrome、AIWS、アリス症候群)とは、知覚された外界のものの大きさや自分の体の大きさが通常とは異なって感じられることを主症状とし、様々な主観的なイメージの変容を引き起こす症候群である。 この症候群の名前は、ルイス・キャロルの児童文学『不思議の国のアリス』で薬を飲んだアリスが大きくなったり小さくなったりするエピソードに因んで、1955年にイギリスの精神科医トッド(英語: John Todd)により名付けられた。wikipedia

俺が初めて、この不思議な感覚に襲われたのは高校1年の春休み。重い風邪に罹って復活しかけた時、急に「見えるものの大小、遠近の概念が狂う」感覚が襲ってきた。上に書いたような感覚にプラスして時間的な感覚もおかしくなった。まさしく「気が狂いそう」な感じになって布団の中で耐え忍んだ。何だか自分自身の体の大きさや、皮膚の感覚までおかしくなっていたなぁ。どれくらい我慢したか分からない。でも、その感覚は徐々に薄らいできて、やがて通常の感覚に戻った。「今のは何なんや?」さっそく親に上記の事を報告すると「何やそれ、なぞなぞか?」と言われた。風邪で何日も寝込んでいた息子が急に訳の分からない事を言って来たので内心「熱で脳ミソやられたか」と思ったに違いないでしょう(#^.^#)

その不思議な感覚は決まって「風邪で長期間寝込んだ時」にやって来ます。最初の体験から現在まで数回経験しましたが、最初のが一番強烈でした(-_-;)今は感覚で「あ、来る!」って分かるんで、そんな時は脳みそを覚醒させようと努力します。すると大丈夫になります。

・重い風邪
・眠りと目覚めの狭間
・長期間の風邪薬の服用

俺の場合は上記3つの事象。これが合わさると「不思議の国のアリス症候群」がやって来ます。
今回はこの不思議な感覚を少し楽しんでみました(#^.^#)でもね、あまり「深くダイブ」しすぎると「戻ってこれなくなる」ような気がするので程々にしておきましたけど(^_^;)

この感覚って経験した人しか分からないと思います。ネットで調べると沢山の方が経験しているので何だかホッとしました(#^.^#)普段、何気なく物の大小や遠近、時間の経過を「感覚」として捉えていますが、ちょっと脳みその中の「歯車」が狂うと、こんな事になるんやなぁと。脳みそって何とも不思議なもんですね。








「不思議の国のアリス」症候群

中古価格
¥721から


世界の奇病大全

中古価格
¥158から


F&E アリス メイド服 コスプレ不思議の国のアリス風 衣装 カフェ かわいい 萌え ハンガー付き4点セット FE035 (アリスメイド) (青L)

新品価格
¥2,950から


テーマ:病気・症状 - ジャンル:心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

hiroさん、こんばんは^_^
大丈夫ですか?
仕事のし過ぎですねぇ、
しかし、不思議のアリス症候群なんて初めて聞きましたよ!
体調悪い時、視界に入る景色が遅れるというか、スローに見えるというか、そんなんはある時があったけど、あれもそうなんですかねぇ。
そんな事よりアフェリエイトのコスプレの方が気になります!!!
あまり無理しないようにー

Re: タイトルなし

バンブー、こんばんは。

> hiroさん、こんばんは^_^
> 大丈夫ですか?
> 仕事のし過ぎですねぇ、

いやいや。仕事しすぎじゃなくて「体調悪いのに休めない」です。
半年経過するまで有給無しで、休むと欠勤扱いになるので這ってでも出勤しなくては!

> しかし、不思議のアリス症候群なんて初めて聞きましたよ!
> 体調悪い時、視界に入る景色が遅れるというか、スローに見えるというか、そんなんはある時があったけど、あれもそうなんですかねぇ。

それはただの疲れだ。
アリス症候群は小さいものが大きくて、大きいものが小さいの!天井が近くて遠いの!。
訳分からんでしょ?(笑)

> そんな事よりアフェリエイトのコスプレの方が気になります!!!
> あまり無理しないようにー

よし、是非ポチってくれ!それで写メ送ってな(笑)

No title

Hiroさん私もそうです。。。

もう出なくなりましたですが、高校生ぐらいまで悩みました。

私の場合、時計の針音がでかくなり視覚も大きさが
捉えられない・・・親に言っても、は?なんやと相手にされません。
確かに来るのが判かりますよね、来たって。。
高校以降もたまにでる事あったんですが、その時は
楽しみました、おっしゃる通りどこまで落ちていくか
の感覚あるので怖いですが・・・

見ようと思うと導入のコツがあるのですが、もうやりたくないです(笑)

Re: No title

renさん、こんばんは。

> Hiroさん私もそうです。。。
>
> もう出なくなりましたですが、高校生ぐらいまで悩みました。

おお、renさんもアリス症候群でしたか!アリアス仲間ですね(笑)

>
> 私の場合、時計の針音がでかくなり視覚も大きさが
> 捉えられない・・・親に言っても、は?なんやと相手にされません。
> 確かに来るのが判かりますよね、来たって。。
> 高校以降もたまにでる事あったんですが、その時は
> 楽しみました、おっしゃる通りどこまで落ちていくか
> の感覚あるので怖いですが・・・
>
> 見ようと思うと導入のコツがあるのですが、もうやりたくないです(笑)


経験したことの無い人に言っても分かってもらえないですよねぇ。
それにしても、人によって症状は異なるんですね。
共通点は大きさの認識がおかしくなるって事ですか。

「どこまで落ちていくか」っていうのは興味の有る所ですが、本当にどこまで行くか分からないので怖いですよね(汗)

確かにコツはあると思います。でも、あえて入って行くほど気持ちの良い物ではないので、
僕も「あっ、来そう!」と感じたら他の事に意識を集中させて回避しています。
それにしても、アリス仲間がいてよかったです(笑)
プロフィール

hiro

Author:hiro
中年オヤジの何でもない日常を綴るブログです。

カウンター
カテゴリ
最新コメント
欲しい物
最新記事
ブロとも一覧

小林可夢偉を応援するBLOG

小川商店

エブリィとCRF250Lとバカ

ぴくたん!!~バイクと冒険と1000の写真~
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる